スポンサーリンク

ダイエットはイベントじゃなくて習慣。その方法、一生続けますか?

mio
mio

筋トレとプロテインで美ボディを目指してます、mioです。

過去に2回-10kgのダイエットをしている私ですが、いつも違った方法で痩せているな〜ということに気づきました。

でもリバウンドしているってことは、正しい方法じゃなかったということ。

自分を騙してその場しのぎのアドレナリンで頑張っていたんだなと。

今回は、過去の自分を思い出しながら、いま痩せたくて悩んでいるあなたに向けて記事を書きたいと思います。

 

ダイエットは習慣である

mio
mio

あなたが初めてダイエットを決意したのはいつですか?

1ヶ月前ですか?1年前でしょうか?

それから体重は変わっていますか?

ダイエットって、イベントじゃないです。

痩せるために正しい食事と生活習慣を身につけて、生涯理想の体型をキープできるように生活を変えることです。

リバウンドしたくてダイエットする人なんていないですもんね。

でも、早く痩せたくて無理なダイエットをする人が多い。

食事を抜けばいいと思っている人が多い。

食事を抜くのが努力だと勘違いしている人が多い。

過去の自分もそうです。

それって、すごく自分を苦しめていることになると思います。

ダイエットでしてはいけないこと

早く痩せたい気持ちはわかります。

でも、早く痩せる方法に飛びつく人ほど痩せられないことも知っています。

過去の自分がそうだったから。

ダイエットの近道は自分を苦しめるだけで、遠回りに見える方法こそが一番効果が早く現れると思っています。

食事を抜くことが一番NG

一番に伝えたいことは、食べても痩せるということ。

そして、食事を抜いても痩せないということ。

どこかで聞いたことがあっても、気づいたら食事を抜こうとしている自分がいませんか?

食べないダイエットは辛いかもしれません。

でも、食べないダイエットは身体も心も美しく無くしてしまいます。

美味しいものを食べている自分より細い友達が悪に見えたり、食べ物のことで頭がいっぱいになります。

綺麗になりたいなら、食べないと。

食べたら太るは間違いだと、早く気づかないとしんどいです。

食べる=悪ではない

ダイエットしているのに食べてはいけないなんてことはありません。

よくtwitterのダイエットや美容垢で、

・「夜ご飯は食べない」

・「水とヨーグルトだけで断食」

・「白ごはんは絶対に食べない」

こういう人を見かけます。

頑張っているように見えますが、絶対に真似してはいけない。

食事を抜くことは努力ではありません。

努力というのは、必要な栄養を考えて食べながら、運動をして痩せることです。

しんどい筋トレや有酸素を避けて、すぐにできる食事を抜く行為に走ることは、努力ではありません。

綺麗になりたいなら、食べながら痩せる方法を考えることが一番大切だと気づいてください。

食べることは生きる上で大切なことです。

ただ、過剰に脂肪をつけるための食事は必要ないだけです。

痩せたいのなら、必要最低限の食事の量を知ること。

ダイエットで一番努力すべきなのは「何を食べて痩せるか」を考えることです。

食べながら痩せる方法を考える

ですが、こういう不安があると思います。

・何を食べても太る気がする

・食べるのが怖い

・何を食べたらいいのかわからない

そういう人は、初めは栄養やカロリーの計算をすることです。

どんな食べ物に、どんなものが含まれているかわからないから、食べるのが怖いのです。

例えば成人女性は、1日に糖質を240gほど摂るのが健康的な食事です。

白ごはん180g、これはお茶碗に少し多めに盛った場合のグラムです。

白ごはん180gでも糖質は66gです。

1日3回食べても、残り摂取できる糖質量は42gも残ります。

ご飯を角砂糖に例える人がいますが、そもそも砂糖と白ごはんの糖質の種類は違うので、同じように考える必要はありません。

何をどれくらい食べたらいいのか。

その感覚がつかめるようになるまでは、意識して栄養計算をしてみてください。

自分で電卓をたたく必要はないので、アプリをダウンロードして入力するのがオススメです。

「あすけん」というアプリなら、食品名で検索してボタン一つで記録できるので、一番感覚が掴みやすいと思います。

まとめ:ダイエットをする上で大切なこと

mio
mio

本当に痩せたくて悩んでいるなら、まずは冷静になること。

ステマサプリやスパッツにお金をかける前に、プロテインとトレーニングマットを買って家で筋トレを始めるべきです。

楽な方法は遠回りで効果が薄いということを、忘れないでください。

遠回りに見えても、食べながら筋トレと有酸素運動で痩せた努力は、絶対に裏切りません。

辛くても、何も変わらなくても、まずは1ヶ月続けてみてください。

そこで自分のダイエットを見直して、どこがだめだったのか反省することが大切だと思います。

人と比べない。

必ず、過去の自分より良くなっているか、悪くなっているかを分析してください。

それが遠回りに見えて一番の近道になると、自信を持ってお伝えしたいです。

 

↓ダイエットをする上で揃えておきたいグッズ

【続かない人必見】筋トレしないと落ち着かなくなるグッズ6選【宅トレ】
mio この記事はこんな人におすすめです♪ 筋トレが1週間も続かない 筋トレのモチベーションを上げたい ジムではなくて宅トレがしたい わたしも2年ほどジムに通っていま...

【続かない人必見】筋トレしないと落ち着かなくなるグッズ6選【宅トレ】

タイトルとURLをコピーしました